沿革

1839 コンラッド・ヴァイスハルトがディジョンにゼラチン・ヴァイスハルトを設立。
1932 モーリス・ヴァイスハルトがグローレに現在の社屋を構える。
1957 初の食用ゼラチンの生産。
1989 ヴァイスハルト・ホールディング設立。
1993 Weishardt Ingrédients設立。成分の調合・ブレンド専門の工場。
1994 ヴァイスハルト・インターナショナル設立。グループの全製品の販売を担う。
1995 中欧の生産拠点を買収(GeLiMa)。
1995 ISO 9002認証取得。
2003 ISO 9001認証取得。
2007 カナダの新生産拠点が稼働開始(Tergel)。
2008 ISO 22000認証取得。

当社の強み



透明性の高い経営を徹底し、お客様やサプライヤーとの間で長期にわたる信頼関係を築いています。
主に一族の資本で経営することにより、アイデンティティを守り、独立性を保っています。
製品の品質とトレーサビリティに関する厳しい規則を設けています。